1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:16:12 ID:MUoZBxNW0
店員「(かかっか金沢大学!!!??でっできる!)」尊敬の眼差し
店員「し失礼しました・・・」オマンコプシャー
僕「」ニヤニヤ

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:16:37 ID:koVuEQ3E0
学生証の為だけに明日大学受験するわ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:16:48 ID:zDrFsuXo0
田舎wwww

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:17:58 ID:/gDaq1r/0
どこの田舎大学だよくそわらえる

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:18:04 ID:U2jcpaIm0
学生証をプライベートで持ち歩いたことがない…



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:18:05 ID:MDi+E1px0
金沢っていうのがまたなんともいえない

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:18:06 ID:EdW+T/RZ0
親戚「大学どこよ?おいらっち早稲田なんやけど~wwwwww」

俺「東大です」

親戚「・・・え・・・!?」

俺「東京帝国大学です。」

親戚「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」

俺「どうかしましたか?」

親戚「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・ガクガク(足が震える)」

俺「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。ちょっと頭がいいだけですから^^」

親戚「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(小水を漏らす)」

俺「ちなみに理3です。」

親戚「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!ビクンビクン(射精する)」

12: 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:15) 2014/02/24 15:19:29 ID:H1WECczz0
十分高学歴だろ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:18:34 ID:fhIYo0oi0
フルリレロのコピペはよ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:22:29 ID:5SQlcHx00
俺「ねえカノジョ、俺とお茶しない?」
女「すいません急いでますので・・・」
俺「いーじゃんちょっとだけだからさ~」
女「やめてください!警察呼びますよ!」
俺「フルリレロ」
女「・・・え・・・!?」
俺「マック、フルーリー」
女「・・・あ、ああん・・・ああ・・・ああああああああああ(ペタンと座り込む)」
俺「ドライブスルー、100円クーポン、テリヤキバーガー」
女「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・ガクガク(恍惚としてよだれをたらす)」
俺「マックフルーリー100円クーポン」
女「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(愛液とよだれと涙と小水を漏らす)」
俺「サラダマック、エビフィレオ、半額の150円で販売」
女「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!ビクンビクン(オルガスムス)」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:25:09 ID:TUMwKrGA0
東京だと8割方の人にはFランて思われるんだろうな…

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:28:01 ID:0yix0JES0
ぶっちゃけ地方国立って大体大東亜レベルじゃないの

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:30:31 ID:8xPf7Qcp0
(東工大ってすごいの?)

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:33:50 ID:aERCRf680
金沢大学がF欄!?
お前ら、どんだけ超高学歴なんだよ・・・

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 15:21:47 ID:l+92QXiL0
お盆に、親父と長野の親戚の家にいった。
伯父(高卒市議)も来ていた。

伯父「○○君も大学生か!小さい頃よくだっこしてやったんだぞ!がっはっはー」
俺 「覚えていますよ」
伯父「どこの大学に行っているんだ?」
俺 「東工大、あっ、東京工業大学です」
伯父「そうか、工業大か!高校時代遊びすぎたんだろ!でも浪人しなくてよかったな!」
「お前と同じ年の息子の××覚えているだろ!深志から信大工学部だぞ!(勝利者宣言)」
親父「無言・・・(瞳が潤んでいた)」
伯父「おい、信大生こっちこい(息子の××を呼ぶ)」
「○○も大学生だ。○○と昔よく遊んだだろ!」

向こうでも大学の話をしていたらしい××が鼻高々でやってきた。
××「(馴れ馴れしく)○○、久しぶりー、元気!」
「あっ、叔父さん、こんにちは、俺、今年から大学生になりました。」
親父「そうか、大きくなったな」
××「信大に行っているんですよー(勝利者宣言)○○君はどこに行ったの?」
俺 「東工大w」

ニヤついている伯父を尻目に、一瞬にして××の顔色が変わった。
伯父「○○に勉強教えてやれよw」
××「(しばし、絶句)・・・みっともないからやめてくれよ親父」
伯父「?」
動揺しまくりの××は伯父を速攻連れだした。
以後、伯父親子は、俺達のいるテーブルに加わらなかった。

久しぶりに無口な親父の晴れ晴れとした顔をみた。
帰り際、充血した目をした伯父と目があった。



高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書) 高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)
引用元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393222572/

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字